レンタカーのランキングサイト レンタカー太郎

HOME > 福岡のレンタカー情報 > 運転初心者がレンタカーを借りるときの場合

運転初心者がレンタカーを借りるときの場合

自動車運転免許証を初めて手にした時、やっと大人の仲間入りをしたと感じた人もいるのではないでしょうか。
お酒とかタバコとか、年齢になったら許可されるものではなく、自分自身の力で手に入れたこともあり、その喜びは大きいものと予想されます。そして自動車運転免許証があると、今度は自動車を運転してみたくなるのも本音のことではないでしょうか。しかし免許証があるからと言って、自動車がある人はごく少数の人に限られ、多くの人はそんな簡単に自動車を運転する機会に恵まれないことが多いと考えられます。そんな時レンタカーを借りることになり、運転することが考えられます。
友人たちとの、ちょっとした小旅行などをする時には、レンタカーを借りての移動を楽しむ人も多いのではないでしょうか。
免許証を取ったばかりの人の心境は、借りたレンタカーを運転したくなるのが当然のことで。運転する機会を狙うことになるはずです。

レンタカーを運転する前に、大きさの確認をしておきます。
長さ、横幅、高さなどの確認をすることで、細い道やS字の道路が多くても見当を付けることが出来ます。自動車学校で教習車初心者がレンタカーを運転する時、その車の大きさをキチンと把握してしか運転して来なかった人が、一回りも大きな車を運転する時には、かなりの慎重さが求められます。横幅、長さなどがかなり大きくなっていることもあり、駐車する時などは相当な注意が必要になって来ます。バックする時などは、自信があるからと言って誰にも見てもらうことなく行なうのではなく、友人などにバックの指示をしてもらい、事故を起こさない工夫をすることが、大事になります。バックの指示をしてもらうことは、何も恥かしいことではありません。
逆にプロの運転手などは、その指示があることで、楽にバックが出来ることから、歓迎する人も多くなっています。

レンタカーは、いろいろな人が運転する車と言うことで、昔はブレーキに癖があったこともありました。
ですが今の時代、キチンと整備された車を借りることになり、安心して運転出来る状態になっています。ですが、初心者にとっては慣れない車ですから、アクセルの状態とかブレーキングの状態などの確認をしながら、慣れるようにする必要があります。最初からスピードを出しすぎてしまい、ブレーキの効きが遅く感じてしまう、衝突してしまっても後の祭りと言うことになります。乗り始めた時には、いろいろと確認しながら慎重に運転することをお薦めします。
また、サイドブレーキ・ウインカー・ワイパー・ハザードランプ、ヘッドライトの使い方などの確認も忘れてはいけません。

カテゴリー